アーモンドで鼻血は嘘!?実は中性脂肪ケアにピッタリの健康食材!

アーモンドと中性脂肪の関係

一見、高カロリーで血圧に悪いと思われるアーモンドですが、実は体に良い食べ物だということを知っていますか?アーモンドには、不飽和脂肪酸や鉄分、食物に含まれる難消化性成分など、中性脂肪を減らしたい人向けの健康成分が豊富に含まれています。ここでは、アーモンドの各成分について詳しく解説すると共に、アーモンドを中性脂肪ケアに取り入れた人の体験談を紹介します。

アーモンドを食べると鼻血が出るのは本当?

美容と健康にいいアーモンドアーモンドやピーナツなどのナッツ類は、昔から食べ過ぎると鼻血が出るといわれています。確かに高血圧の人には、ナッツ類はあまり良くないと聞きます。それは恐らく、ナッツ類を食べることで血圧が上昇し、頭に血がのぼって鼻血が出るためと言われているのでしょう。

しかし、実際にはそんなことは無く、ナッツ類(特にアーモンド)自体には血圧を上げるどころか、ビタミンEやオレイン酸が沢山含まれているため、美容と健康に良いそうです。

以下では、そんなアーモンドに含まれている健康成分の役割について、詳しく取り上げています。

サラサラ脂質で悪玉コレステロール対策!オレイン酸(不飽和脂肪酸)含有

オレイン酸は、オリーブオイルや青魚に含まれている不飽和脂肪酸の一種です。牛脂やサラダ油と比べて、常温で固まりにくいため中性脂肪になりにくく、体を絞っている時の脂質補給に適した栄養素だといえます。一見油が多く含まれていそうなアーモンドですが、意外にサラサラしているわけです。

一見油っぽいイメージのあるアーモンドですが、以外にサラサラしているわけです。

貧血気味の人や体を絞っている方に!鉄分の補給

貧血気味の人やダイエット中に鉄分の補給鉄分は、血液の元になる栄養素です。不飽和脂肪酸の他にもうひとつ、体を絞っている時にぜひ摂りたいのがこの成分です。食事制限をすると体内で不足しがちになるため、アーモンドなど手軽に食べられる物で栄養補給するといいでしょう。

食物に含まれている難消化性成分で腸から健康に!

食物に含まれている難消化性成分は、腸の中を整えるために必要な栄養素です。お腹が重くなったりゆるくなったりなど、排便サイクルが乱れがちな人はアーモンドで繊維質をたっぷり摂りましょう!

以下は、アーモンドを体を絞るために取り入れた人の、中性脂肪ケア体験談です。

中性脂肪の悩みを食事でケア!アーモンドでケアした体験談

48歳男性の場合
アーモンドは皮付きのまま食べるのがおすすめです!
中性脂肪改善体験談アーモンドは皮付きのまま食べるのがおすすめです!中性脂肪に良いと言われる食物に含まれている繊維とポリフェノールを同時に摂れます。特に皮にはたくさんのポリフェノールが含まれているそうで、そのままボリボリ。そろそろ50代を迎える前に、体の中へ若さに必要な栄養を取り入れようと考えている次第です。ただ、食べ過ぎると余計に太るので注意が必要!1日に20粒ぐらいが目安らしいので、適量を守って続けたほうがいいですよ。
54歳女性の場合
アーモンドはカロリーが高いですが、美容に良いと聞き料理に取り入れています。
中性脂肪改善体験談そのまま食べる時もありますが、ほうれん草のアーモンド和えやサラダと一緒に砕いたアーモンドをまぶしたりして、食べています。薄味の野菜料理に、深みがでるので、とてもおいしいですね。

塩付きアーモンドは血圧を上げるため厳禁!

塩は摂り過ぎると、血液中の塩分濃度が上がり、それを薄めようとする自然作用が働きます。すると、血液にたくさんの水分が供給され、体内のめぐりが強くなり、血圧が上がってしまいます。つまり、アーモンド自体には血圧を上げる作用は無く、アーモンドに付いている塩が血圧を上げているといえます。

アーモンドには必要な栄養素が多く含まれていますが、体験談でもあるように食べ過ぎるとカロリーをたくさん摂取することになります。そのため、毎日食すのではなく、時に、DHAやEPAなどの血液に良い脂質が入ったサプリメントを利用したほうがいいでしょう!

おすすめサラサラ成分配合サプリメント


▲このページの先頭へ