ヘルシーレシピで中性脂肪ケア!~自宅で作れる4品を紹介!~

中性脂肪を退治!必勝レシピ紹介

塩分や糖分を控えたり、体を絞ったりすることで不足しがちな栄養を摂ったりするには自炊がおすすめです。自分で料理を作れば、カロリーコントロールがしやすく、体に良い物だけを選んで作ることができます。ここでは、中性脂肪ケアを意識した4品の料理&ドリンクレシピを紹介します。普段料理をしない人でも、簡単に作れるレシピですので、ぜひ試してみてください!

ヘルシーレシピで中性脂肪ケア!オススメ4品を紹介!

中性脂肪ケアに相応しいレシピを集めてみました!不飽和脂肪酸、食物に含まれる体に良い成分、ビタミン、カルシウムの摂取を意識したレシピです。

どれも比較的簡単に作れるため、ぜひ試してみてください。

レシピ1●豆鯵(まめあじ)のピリ辛南蛮漬け

鯵のDHA・EPAとお酢のアミノ酸をたくさん摂れる一品。しっかり漬けると、骨まで食べられてカルシウムの補給ができます。

【材料(2人前)】豆鯵(まめあじ)のピリ辛南蛮漬け

  • 豆鯵・・・8匹
  • 玉ねぎ・・・半分
  • 京ねぎ・・・3分の1
  • 唐辛子・・・1本~2本
  • 三杯酢・・・適量
  • 好みで砂糖・・・大さじ1
・調理法
豆鯵は揚げてもいいのですが、DHAは揚げると殆ど失われてしまうため、焼きにします。まず魚焼きグリルで両面を焼き、程よい焼き色にします。
お好みで三杯酢に甘みをつけ、スライスした玉ねぎと京ねぎ、輪切りにした唐辛子を入れて合わせます。唐辛子は2本入れると少し辛いですが、ピリ辛が好きな人はお好みで入れてください。
後は、こんがり焼いた豆鯵を合わせた南蛮酢につけこみ、冷蔵庫で半日漬けておくだけ!
出来上がり

たくさん食べても太りにくい、ヘルシーレシピです。

レシピ2●きのこのアンチョビ&オリーブオイル炒め

アンチョビとオリーブオイルで中性脂肪をケア♪きのこの体に良い成分も摂れてお腹に優しい一品です。

【材料(2人前)】きのこのアンチョビ&オリーブオイル炒め

  • きのこ類(しいたけ、エリンギ、えのき、しめじなどをミックスした物)・・・お好みで
  • アンチョビ・・・3切れ~5切れ
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • ピーマン・・・2個
・調理法
フライパンにオリーブオイルを入れます。
フライパンの温度が低いうちからきのこ類とアンチョビを入れて、じっくり炒めます。
途中でピーマンを入れて炒めて仕上げます。
出来上がり

とても簡単にできる、オリーブオイルでヘルシーな炒め物です!

レシピ3●お酢と牛乳でできる!ヘルシーカッテージチーズ

自宅で簡単に作れる、牛乳とお酢を使った熟成不要のチーズ。 サラダにのせて食べても、そのまま食べてもおいしい一品です。

【材料(2人前)】ヘルシーカッテージチーズ

  • 牛乳・・・1ℓ
  • お酢またはレモン汁・・・大さじ4杯
  • 煮沸&アルコール洗浄した調理器具
・調理法
牛乳を鍋に入れて火にかけ、60度ぐらいに温めます。(温度計があれば便利ですが、なければ沸騰する前に止めればOK。)
牛乳にお酢を加えてしばらく置き、分離させます。(約10分程度)
分離したものをキッチンペーパーでこします。この分離した部分がカッテージチーズになります。
キッチンペーパーに包んだカッテージチーズを水が濁らなくなるまで振り洗いします。ここでお酢やレモンの臭いをきちんと落とします。
キッチンペーパーを絞り、水分(ホエー)を取り除いたら完成です。このままでは味気ないので、お塩を練りこむと味が深まりおいしくなります。
出来上がり

普段から冷蔵庫にあるもので作れる、ローカロリーのチーズです。 ぜひ試して見てください。

レシピ4●目覚めすっきり!生野菜&生フルーツドリンク

【材料(2人前)】生野菜&生フルーツドリンク

  • 果物・・・角切りにした物を適量。酸味には柑橘系、コクを出すにはバナナを入れるといいです。
  • 野菜・・・ケールやほうれん草、人参などの緑黄色野菜をざく切りにします。
  • ヨーグルトドリンク・・・200mℓ
・調理法
材料の配分は、果物の方を増やせば飲みやすくなり、野菜を増やせば苦味が出ます。オススメは果物を3分の2、野菜を3分の1が飲みやすいです。
材料をすべてミキサーに入れてかき混ぜます。少し素材の食感(粒)を残した方がおいしく感じるかもしれません。
冷やしたグラスに注いで完成!
出来上がり

材料をカットして凍らせておくと、氷を入れずに濃厚なジュースを味わえます。ビタミン類が豊富で、中性脂肪になりにくい果糖が入ったドリンクです。ぜひ試してみてください!

自分で作ってカロリーコントロール

市販の食材やお惣菜よりも、自分で作る料理はカロリーや塩分のコントロールができるためおすすめです。また運動を取り入れる人は、料理に加えて体を絞るプロテインやサプリメントなどの補助食品を意識的に摂取しましょう。

食事内容に気をつければ、意外とすんなり体の脂肪は落ちていきます。 中性脂肪をケアして、より健康な生活を手に入れましょう!

おすすめ魚を食べなくてもOK!
サプリメントでDHAとEPAを補給できます


▲このページの先頭へ