動脈硬化の症状と原因を解説!~中性脂肪との関係性~

中性脂肪の怖さ!動脈硬化の症状

動脈硬化の進行プロセスや、引き起こす恐れのある脳心血管系の病気、中性脂肪との因果関係について解説しています。血管から蝕まれていく本当に怖い動脈硬化!ここでは、その発症原因を知ってもらい、早期発見・予防対策を心がけていただきたいと思います。健康な体はまず血管から!病気の原因を食事と運動で予防しましょう!

動脈硬化の進行プロセスと中性脂肪の関係性

ここでは、生活習慣病と最も根深い動脈硬化について取り上げています。動脈硬化に至るまでのプロセスや、中性脂肪との関係性、発症リスクが高まる病気など。病気予防のために知っておきたい血管疾患の基礎知識を紹介しました。

動脈硬化とは?

酸素や栄養素を運ぶ血液の通り道が動脈です。動脈硬化は、この動脈血管が加齢や外敵要因によって老化し硬くなり血管内部にコレステロールが堆積することで、道が細くなった状態を指します。

動脈硬化になる原因について

動脈硬化になる原因とは?動脈硬化は、高血圧が起因して進行する症状です。血圧が上がり血液の流れが強くなると、血管を押し広げるため血管壁に負担が掛かります。それにより、血管壁に傷が付くと流れる血液に乗じて傷の中に脂肪(コレステロール)が入りこみ、ゴミのように堆積していきます。

脂肪(コレステロール)は酸化しやすい物質のため、血管壁にこびり付いた脂は、活性酸素の影響で酸化してしまい「過酸化脂質」という物質に変化してしまいます。

この物質が血管壁の細胞を変性し、古いゴムホースのように硬くて破れやすい性質へと変えていく。これが動脈硬化になる通常のプロセスだと考えられています。

動脈硬化と中性脂肪の関係性

血中コレステロール中性脂肪が肝臓に必要以上蓄えられると、血中に脂肪(コレステロール)を沢山放出します。この脂肪には悪玉コレステロールがたくさん含まれていてこれには、常温で固まり血管内部に留まりやすいという特徴があります。

そういう性質の物質の元になるのが中性脂肪なのです。よって、悪玉コレステロールの増加に繋がる中性脂肪は、動脈硬化を引き起こす原因になるということが分かるでしょう。

動脈硬化から引き起こされる病気

動脈硬化が進行することで発症リスクが高まる症状は、心筋梗塞や血管が詰まり脳のめぐりが悪くなるトラブルなどの心疾患や脳血管疾患などがあります。

動脈硬化から引き起こされる病気これまでの日本人の3大死因のうち2つに、心疾患(2位)と脳血管疾患(3位)が入っており、これは、動脈硬化がいかに体液の流れを阻害するリスクを高めているかが分かります。

脳や心臓の血管疾患は、処置が遅れると直ちに命に関る症状なのにも関らず、殆ど自覚症状がありません。それゆえ、普段からの健康管理や中性脂肪対策が、とても重要なのだということがわかると思います。

動脈硬化が進行する前に!中性脂肪を早めに食事&運動ケア!

動脈硬化を防ぐには、中性脂肪を減らすための食事療法や運動が効果的です。食事療法では、悪玉コレステロールの元になる食材(動物性脂質など)を控え、善玉コレステロールを含む不飽和脂肪酸を体に取り入れます。

中性脂肪を減らすと、血圧や体調などが良い状態に変わってきます。 あきらめずに体を絞ることにチャレンジしてみましょう!

おすすめ中性脂肪を減らす食事療法と運動を詳しく紹介!


▲このページの先頭へ